映画になった偉人Vol.1「スティーブン・ホーキング」

世の中にはアインシュタインキング牧師のような偉人が数多くいます。

中にはその偉人の功績を称え、後世に伝えるために映画になった偉人もまた数多くいます。

そんな「映画になった偉人」を休日の深夜に書き綴ってみたいと思います。

 

 

 


車椅子の物理学者

 

記念すべき1発目に紹介するのは「スティーブン・ホーキング」

 

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )はイギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。 一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホール特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホール素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えている人物。 また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている。(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など) 「車椅子の物理学者」としても知られる。60年代、学生のころに筋萎縮性側索硬化症を発症したとされている。通常、発症から5年程度で死に至る病気の患者でありながら途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上たっても健在でいる。現在は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用している。 

 

筋萎縮性側索硬化症歳を発症してから50年経った現在もイギリスで研究を続けています。

 

 


映画化

 

 

そんな彼の伝記映画が2014年に制作された「博士と彼女のセオリー(The Theory of Everything)」

主演はエディ・レットメインフリシティ・ジョーンズ。

 

エディはの年のアカデミー賞主演男優賞を受賞。

フリシティは助演女優賞にノミネートされました。

 


エディ・レットメインの驚異的な演技力

 

 

ホーキングと彼の元妻ジェーンとの関係を描いたストーリーも素晴らしいのですが、

何と言ってもこの映画の見所は主演のエディ・レットメインの驚異的な演技力です。

 

病気が徐々に進行していく過程での表情の変化、喋り方の変化、動作の変化を見事に演じました。

主演男優賞受賞も納得です。

 

あとジェーン役のフリシティ・ジョーンズが可愛いです。マジで。