やっと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た

 

世間がゴジラで賑わっている最中、個人的にずーっと観たかった「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)を観ました。

 

 

 

第87回のアカデミー賞作品賞を取って話題になりました。

オスカーの授賞式でこの作品を知ってからずーっと気になっていたのですが、近所のゲオでなかなか旧作にならないので観れていませんでした(笑)

 

んでついに先日7泊8日の旧作料金でレンタルできたので早速借りてきました。

 

 


初見の感想は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「む、難しい〜〜〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な要素が複雑に絡まったような構成はアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の特徴だそうで、

 

「こりゃ一回観ただけじゃ理解しきらんな〜」

 

という感じでした。

しかし何と言っても主演のマイケル・キートンの演技力、エドワード・ノートンのかっこよさ、エマ・ストーンの可愛さに魅了されます。(エマ・ストーン可愛かったなあ・・・)

 

 


 

 

 

そしてこの映画、何よりすごいのが全編ほぼワンシーンワンカットということ。

要はシーンの切り替わりが殆ど無いスーパー長回し映画なのです。

 

超絶ロングシーンをこなす役者たちとの凄さと、素晴らしい映像美だけで夢中で観られちゃいました。

 

 


そして個人的に、コミカルな役じゃないザック・ガリフィアナキスを初めて観れたのもとても良かったです(笑)

 

 

 

うむ。いい映画でした。